2017.06.20

【完結】通信料削減への道「そうだ、DSDSにしよう。 」


前回記事 の続きです。
 
2台持ちを諦めていたところですが、そもそも2台持たなければいいんだ!というのに気付きました。
1台で異なるSIMを2枚挿せば良いということです。
 
そうです「DSDS」対応端末を使えば問題ありませんね。
 

DSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ」とは

2枚のSIMで同時に待ち受けできる状態のことです。
 
そうです、ガラケーで使っているかけ放題のSIMと格安SIMなどのデータ通信専用SIMを同時に利用できるため、2台持ちから解放され1台にまとめることができるのです!

このように2枚のsimを挿します。
 
まずはDSDS対応端末を購入しなければいけません。
 
購入したのはこちら
 

Moto G5 Plus

 

大人気機種Moto G4の後継機ですね。
現行のDSDS対応端末ですとVAIO Phone Aも候補に入りましたが、VAIO Phone AはSIMとSDカードスロットルが共有されているため、DSDSとして使用するとSDカードが挿せないデメリットがあります。
そのためMoto G5に迷わず決定!
ついでにディスプレイサイズの大きいPlusにしてみました。
 
スペックは以下

最近の機種の中ではミドルスペックといったところでしょうか。
 
操作感などはこれから検証ですが、通信費削減には大変満足!
 
FOMAかけ放題2,200円+データSIM6GBプラン1,500円=3,700円です。
このデータSIMは追加300円で容量を共有出来るSIMも発行できるためタブレットに使用しています。
これでモバイルルーターも不要です!

0

一覧を見る

PAGE TOP